こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

回答受付中の質問

宅建 重要事項説明について質問です。

いつもお世話になります!

ご回答くださり、ご協力感謝してます。

宅建受験をひかえているものです。

過去問をといていて、疑問にぶつかったので質問です。

ヨロシクお願いします!

宅地建物取引業者には、取引士に重要事項説明をさせる義務がありますよね。

もし、違反した場合、業者の行為は業務停止事由に該当する。

と、問題にはあったのですが、

ここで質問です。

今勉強してるテキスト(先生)には、宅建業者が宅建業法のほとんどの規定に違反したら、業務停止事由に該当する、とおそわりました。

それから、指示処分に違反したら業務停止処分になるのだと。


重要事項説明を行わせなかった場合、指示処分にはならないんでしょうか?

即、業務停止処分なんでしょうか。

それとも、業務停止事由に該当するというだけで、処分は免許権者の裁量に任されてるので、なんでもかんでも
業務停止処分!ってわけではないのでしょうか?

細かいことで、スミマセン。

好奇心旺盛なもので。。。

勉強にお付き合いくださると、たすかります!

ヨロシクお願いします!!

投稿日時 - 2018-10-06 14:11:42

QNo.9544800

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

宅地建物取引業法第65条
(指示及び業務の停止)
2項に35条について
一年以内の期間を定めて、その業務の全部又は一部の停止を命ずることができる。
1項の指示する範囲には35条は入っていない。
それぞれの条文の重要度の違いでしょう。
1項に含まれるものと2項にあるものとで契約者に与える影響が大きい。

その会社の社長が死亡して経営者が入れ替わっても ユーザーに影響はないけど 重要事項を隠ぺいされれば損失につながる。

投稿日時 - 2018-10-07 12:58:24

お礼

ありがとうございます!

重要度のちがい、そぅですね!

ありがとうございます。

条文もみてみました、参考になりました。

契約者にあたえる影響、これは、考えてもみなかったです。

別の角度から考えて回答くださり、ありがとうございます!

投稿日時 - 2018-10-08 08:00:40

ANo.1

こんにちゎ!
最初に僕のコメントを読み進めるための注意事項
について。書かせてください。
よろしくお願いします。

・不勉強なコメントです。
・僕は、国交事務官ではないので
 足りないコメントしかできません。
・こんな感じじゃないの?・・・的なコメントです。

※いつものように、僕のコメントを信じない!
 自分がやってきた時間、経験をめちゃ信じる。
 そこんとこ、よろしくお願いします♪

これが florio回答における 重要事項説明 です。
後でまた出てきますので、いちぉ覚えといてください。

国交さん資料を見てみる。
最終改正が 平成23年10月26日 になってますが
これについては
もっと新しいものがあるかもしれません。

http://www.mlit.go.jp/common/000170679.pdf



momomin0516さん考察を採用し、ジャニーズ所属タレント
の立場に立って、考えてみました。

いつ突っ込むの? → → 今でしょう!

・指示処分
・1年以内の業務の全部、または一部停止の処分
・免許の取り消し処分

のどれか、だと思います。
momo考察を採用すると

重要事項説明を行わせなかった場合
指示処分にはなること、それは当然にある。

即、業務停止処分になることもある。

裁量・・・というよりかは
その内容についてみてゆく。

こんなんかばいようないやん、免許の取消処分やん

になることも、当然にある。

手書き先生テキスト
宅建業者が宅建業法のほとんどの規定に違反したら
業務停止事由に該当する。
それから
指示処分に違反したら業務停止処分になる。

の後段、指示処分に違反したら業務停止命令
それは、僕にもわかるんです。
だけど
前段の理解が、僕の不勉強。

次の資料
http://www.retio.or.jp/attach/archive/104-079.pdf

一番最初のページ(79)・・・資格の1
重要事項説明には、地中埋設物の説明がなかった
なので
業者を15日間の業務停止処分とした。

のように、いきなりステーキ状態で
業務停止されることもある。

指示に従わない からの 業務停止
それは、確かにありそう。

指示処分、についてはこの資料
http://www.pref.osaka.lg.jp/attach/7070/00000000/jusetsu.pdf

6ページ、確かに指示処分を受けた事例もあるので
重要事項説明を行わせなかった場合、指示処分になる
これも、クリアーで
確かに指示処分になることも世の中にはある。

免許取り消し、ですが
重要事項説明を行わなかった、とか手を抜いたなどは
説明問題が刑事処分(事件)、に発展することもあります。

あっ!なのでflorioは、国交事務官でない
と最初に書いたのか?
そうだよ、だってそこんとこは、重要事項でしょ。
僕はただのアホなので、僕の回答を信じない。
これは、重要な事項ですよね。

重要事項説明は、とっても大事。
この中に

やむを得ない事由が生じた場合

その他、当事者間で信頼関係を失うような事態が
発生した場合

など発見したら、ピンチになることもあります。
アパート借りるこっちがね。

※包括的な定めは、良いときもあれば
 当然に遅滞なく不幸が訪れることもある。

包括的・・・とは
ざくりと とか 範囲をきちんと定めない
など
ぽややや~んな定め
ヤバババーンみたいか?
すみません、わかりませんけれど
ヤバイヨ・ヤバイヨ、の意味ならばそうかもしれませんね。



いまいちわかりにくい重要事項説明だったので
トラブルになった場合は
その内容についてみてゆく。

ぽやや~んな文言あれば、そこを検討する。
検討し、詐欺になるか?
また他の犯罪か?
ぽやや~んは、ギリOKなのか?

検察と弁護士とその他で考えて、どっちに落ち着くか?

相変わらず添付資料多めのコメント、失礼しました。
お時間、いつもいただいてすみません。
国交資料や他資料に頼りすぎか?

この僕のコメントに中には
重要事項がいくつかあると思います。
きっとお勉強の役に立つ、と感じます。

ってか、なんかの本に書いてあったけど
自分がどう言うか?
じゃなくて、相手momomin0516さんがどう感じるか?
それが大事なんだから
どう伝わるか?
ちゃんと相手に伝わるように書きなさい!
みたいなお願いを 本 にされたことがあります。

じゃ

投稿日時 - 2018-10-06 16:36:23

お礼

いつも協力してもらい、感謝です!!!

めっっちゃ響きましたね、
ありがとうございます!!

お時間くださり
感謝してます。

なっとく、なっとく!!

勉強すすみましたー

投稿日時 - 2018-10-08 08:14:10