こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

何故 機械が苦手な人向けのデジカメを作らないのか

機械が苦手な人はデジカメのボタンの多さに拒絶反応を起こすのでは?
写真を撮りたいけど機械が苦手な人は使い捨てカメラを使うようです。

フィルムカメラには、
レンズカバーをスライドして開け、シャッターを押すだけの
TIARAというチョット高級なカメラが有りました。
フィルム、電池の交換はカメラ店で依頼すれば良く、
ストロボは常時発光、被写体との距離が近いとストロボの光量を抑え、ストロボに指がかかっているとファインダー内でランプが点灯する優れものです。

デザインはオシャレで母親ににプレゼントし、お袋は旅行に持って行ったり孫を撮ったり抵抗なく利用していました。

デジカメには最適なシーンモードを自動設定する機能があり、あえて選択する機能を必要しないでしょう。
スイッチを入れ構図を決め綺麗に撮れ、
小型でオシャレなデザインなら充分。
スマートフォンのカメラ機能など分からい人にはズーム機能も連写機能も不要でしょう。
動画撮影機能は無意識で動画撮影してしまうので不要。
多くの人は大きなプリントサイズと言ってもA4・六つ切り程度なのだから解像度解像度は1000万画素で充分ですね。
仮に4つ切りでプリントしてもフレーム入れれば離れて見るのだし。
約800万画素の4K大型でも綺麗に再生できますね。

何故、そんなデジカメを作らないのでしょうね?

※OKWAVEより補足:「カメラの撮影や技術的な課題や疑問を解決します!」コミュニティから投稿された質問です。

投稿日時 - 2018-10-06 02:36:56

QNo.9544674

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

 被写体のアングルなど、全ての設定を人工知能が判断して設定してくれるロボット化したデジカメが出ても良いと思いますね。そこまで出来れば、商品化するメリットがあるでしょう。

 たとえば、三脚が標準で付属していて、赤道儀のように自動で方向や角度を決められるようになっていて、被写体を見つけると、自動的にアングルや倍率を決めて撮影してくれるデジカメがあれば、何もしないでも撮影出来るでしょうね。

 もしくは、スマートフォンのようなリモコンが付いていて、デジカメに写っている被写体を見ながら、遠隔操作で撮影出来るデジカメとか、そういうものも考えられるでしょうね。

 人間が写真を撮らなければならない時代が今後も続くとは思えません。いずれはロボットが撮影するようになって、人間は命令するだけに変わるのではないですか。

投稿日時 - 2018-10-06 14:02:33

お礼

発想の異なる面白い回答をありがとうございます。
>三脚が標準で付属していて・・・・
持ち運びが面倒かなと思いましたが
AIスピーカーに撮影機能が付加されるかもしれせんね。
小さなドローンにそんな機能が付いたものが現れるかもしれまえせんね。

投稿日時 - 2018-10-06 15:32:23

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(11)

ANo.10

Q/機械が苦手な人はデジカメのボタンの多さに拒絶反応を起こすのでは?

A/まあ、そういう人もいるから、FUJIFILM XF10のようなカメラは単焦点でダイヤルは多いですけど、ボタン類は少ない。IXY 210はズーム機能はありますけど、オートで使うことが前提で設計されています。動画ボタンも大きいので、良いと高齢者でも機械が苦手でも使いやすい。

尚デジタルスチルカメラは、動画ボタンがあるのは、デジタルの特性上HDR撮影(質問者様が記載しているオートで綺麗に撮影する機能)をするのに、動画と同じ技術を使っているため、動画モードを搭載した方が投資の割に機能性が高くなりコストが安く納まるからです。

Q/デジカメには最適なシーンモードを自動設定する機能があり、あえて選択する機能を必要しないのではないか?

A/その認識が実は間違いなんです。真逆なんですよ。そもそも最適なシーンモードっていつから産まれたかご存じですか?フィルムには最適なシーンモードというモードが普通のカメラにはなく、高級なカメラでもフィルムでは実はシーンモードという機能はよほどデジタルと重なるギリギリなら合ったかも知れませんが、基本的にありませんでした。

即ち、アナログ(銀塩、APSなどのこと)フィルムには不要なものであり、デジタルには絶対に必要なものなのですよ。だから、デジタルはシーンモードが自動な機種もあるから機能を減らせるのでは無く、シーンモードを使わないと撮影出来ないから、むしろそれを高機能のネタ(材料)として使い増やし普及させたのです。

何せ、フィルムにはシャッタースピードと絞り、レンズの特性、ズーム設定しかカメラ本体にはないのが当たり前でしたから。何故か?フィルムカメラはフィルムに光の像を転写(焼き付け)するだけですから、シーンモードなど必要ないのです。もっと言えばフィルムの種類とレンズの明るやRGB光透過の割合でそのまま色が決まり光の度合いが定まりますから……。フィルムが違うと画質が変わるとか、ラボ作業(現像室)での作業具合(アナログ作業の場合)や、デジタル現像をした場合に色調処理をコンピュータで行うことによって画質(色味)が変わるぐらいの差でしかありません。

一方でデジタルでは、略称でWB(white balance/ホワイトバランス)という機能がないと、色が決まらないのです。コンピュータにおいて白色とは何色ですか?ということです。我々が視覚で白と思っているものは、照らす光の種類によってクリーム色にも見えますし、夕焼けの中ではオレンジにも見える。
フィルム写真の場合は、視覚上で見ているものの一瞬をそのまま撮影してくれますけど、デジタルでは基準となる色がないと輝度や色の範囲が広すぎて、偽色と呼ばれる現象が起きたり、白飛びや黒つぶれの原因になります。

端的に言えば、階調が崩れて塗りつぶしたような色が生じることがあります。これは、最新のオートカメラで最高級品でも希に起きるのです。何故これが起きるのかというと、光源色と物体色の色数に限界があり、色の範囲をある程度指定しないといけないからです。

要は、世界の色は何百億、いや無限大にあるわけです。視覚の中でパッと見て判断できるのは3万~6万色ぐらいですけどね。しかもそこに明るさという要素もあり、それらも含めると無限大の色になる。

しかしながら、デジタルセンサーではその範囲をフルカラーならば1677万7216色と決めねばなりません。光を感知するセンサー(CMOS/CCD)が、光の強弱を信号に変換する際に、その度合いを1677万色なら、1つ画素辺り、8bit(0-255の数値データ)で表すのです。ただ、この範囲が自然界にある全ての色(光の強さ)ではありません。

その際に、被写体全体を見たときの色範囲が極端に広く、明るさが漆黒から真っ白に近いほどあるなら、どこか中心点を決めて色や光の範囲を意図的に狭めることになります。

そのために、シーンモードを自動または手動で定める訳です。フィルムだと、感光範囲の上限下限は確かにありますけど、それはフィルムの種類で決まりしかもよほど高感度なフィルムを使わなければ、光学ファインダーとほぼ同じ色が出ますから、シーンモードは不要です。
しかし、デジタルではそれ(シーンモード)がないと、実は明るい場所と暗い場所が混在していたときに、ファインダーと同じ画にはならないことが多々あるのです。そこで、一番撮りたい物のシーンに合わせて撮影出来るシーンモードが実装されています。

ほぼ完全自動のシーンモードモデルも昔は沢山ありましたけど、今は安く少量を製造できる一部の企業のみです。大抵の場合使うとフィルム以下と不満が出ていたのは、今では知っている人も少ないかな?今ならある程度実用には耐えるでしょうけど……後述しますが残念ながらこれが、売れると思っている人は少数です。

Q/何故、そんなデジカメを作らないのでしょうね?

A/実は作っても売れないからです。例え、新興国でも赤字を出さずに売ることは今のところまず不可能です。日本だけの話ではなく、むしろ日本の方が、高齢化しているので、自動モードのカメラは多少多く売れるかも知れません。海外では、どちらかというと、新興国を中心に高性能高機能を望む声の方が増えています。いわゆる、高度経済成長期より後の日本のように……。

逆にシンプルを望むのは、先進国の方ですけど、先進国は大半の人が携帯かスマホを持っていますから、カメラだけで見れば売れない。
それぐらい売れないのです。

即ち、スマホや携帯電話ではシーンモードだけのモデルもあり、市販のスチルカメラは、既に世界的にスマホや携帯のカメラ機能に安物が駆逐されたわけです。アクションカムやトイカメラ(子供向け)、新興国の車載カメラの派生品みたいなカメラなどでは残っていますけど、ある程度、高機能高性能しか売られないのはそこにあります。

今後AIカム(といっても既に今のカメラのシーンモードはAIカムと変わらないが)でも売りにしてヒットでもするか、よほど安値で貧国が凄いオート撮影専用カメラを開発すれば別でしょうけど、高齢者向けに考えたところで、これからの高齢者は携帯を持っている人が多いでしょうから……。

今でもそこそこ簡単に操作できる製品で生きているのは、IXYなどの一部製品ぐらいで、単焦点になると、Xなどのある程度高性能なカメラになります。
むしろ、現在はレンズ特性に拘る人が買うことが多い単焦点の方が高級機になることも多い訳です。

いかがでしょうか?
「最適なシーンモード」があるから、自動でよいのではなく、最適なシーンモードを作らないといけなかったから、手動で設定する機能は専用のスチルカメラでは残されているのです。逆にそれがない製品は、かなり高性能なアルゴリズムを実装していないと、思ったより撮影品質が……ということが多くなりますので、お気を付けください。

スマホの場合は、カメラ機能自体がソフトベースのケースが多いので(いわゆるソフトのアップデートで機能を更新出来るということ)、オートと露出補正と光源設定だけという上位製品もありますけどね。

投稿日時 - 2018-10-06 09:32:10

お礼

お答えありがとうございます。
お答えを読んで理解できない点が何点かあります。
>デジタルはシーンモードが自動な機種もあるから機能を減らせるのでは無く、シーンモードを使わないと撮影出来ない。

妻はフジフイルムのFinePix F900EXRを利用していますが自動シーンモードの プレミアムEXR AUTO で撮影しています。
https://www.fujifilm.co.jp/corporate/news/articleffnr_0741.html
自分で選択するシーンモードは使っていません。
私が自動シーンモードだけで 自分で選択するシーンモードは不要と思った根拠です。

私のデジカメには自動シーンモードありませんプログラムオートで時々プログラムシフトをします。
シーンモードは有りますが使わなくても撮影できます。

>フィルムカメラはフィルムに光の像を転写(焼き付け)するだけですから、シーンモードなど必要ない
「ポートレート・風景・クローズアップ・スポーツ」などがありました。
https://global.canon/ja/c-museum/product/film215.html
kissなど一眼レフにも
https://im2-a.mbokimg.dena.ne.jp/1/7/521/477856521.2.jpg
https://i2.wp.com/farm3.static.flickr.com/2769/4381609565_f10b0c80af.jpg?resize=500%2C336


>フィルム写真の場合は、視覚上で見ているものの一瞬をそのまま撮影してくれます.
色温度変換・色補正フィルターやNDフィルターをご存じないようですね。
https://www.kenko-tokina.co.jp/imaging/filter/revision/
リバーサルフィルムと比較して補正範囲の広いネガフィルムの話でしょうか?

>実は作っても売れないからです.
残念な予測です。

投稿日時 - 2018-10-06 14:39:52

ANo.9

簡単なコンパクトデジカメなら香港企業と提携してヤシカのEZ Digital F928等々あります。昔はどこのメーカーも単三電池を使用するコンパクトデジカメが多数ありますが、内部回路やストロボのコンデンサー関係(殆どのメーカーは外注)で単三電池仕様は国産品の新製品はほとんど無いと思います。簡単仕様は売れないし多機能にして価格を上げた方が利益も上がって儲かる。市場原理ではありませんか?

投稿日時 - 2018-10-06 09:18:07

お礼

答えありがとうございます。
EZ Digital F928 見ました。モニター横に一般的なボタンがあり多機能ですね。
似たような単三電池使用の1万円以下のカメラがNikonにあります。
http://www.nikon-image.com/products/compact/lineup/a10/

>簡単仕様は売れないし多機能にして価格を上げた方が利益も上がって儲かる。
残念ですね
一般的コンパクトデジカメはスマートフォンにその座を奪われ、Nikon、CANNON以外は販売していないようです。

操作はシンプルで操作ミスが無くカメラまかせでインスタ映えする高画質な儲かる高級デジカメは出現しないのでしょうか?

投稿日時 - 2018-10-06 15:08:52

ANo.8

そんなデジカメは開発、製造費に対して採算がとれるほど売れないのです。
需要が極少なので。
機能を落とした基盤の設計、デザイン、金型の作成、工場のライン組立
など、機能を削っても安く作成はできません。

高性能のデジカメでも、初期設定で面倒なことは大体オートになってるので
写真を撮るだけなら簡単です。

投稿日時 - 2018-10-06 08:51:19

お礼

お答えありがとうございます。
>高性能のデジカメでも、初期設定で面倒なことは大体オートになってるので写真を撮るだけなら簡単です。

スマートフォンに買い替え無い人達がいますね。
パソコンなど怖くて使えいない人もいます。
フィルムカメラや写ルンですを使い続ける人達には簡単には見えないようです。

投稿日時 - 2018-10-06 15:08:26

ANo.7

売れないから。

投稿日時 - 2018-10-06 08:46:04

お礼

お答えありがとうございます。
残念な推測です。

投稿日時 - 2018-10-06 15:09:54

ANo.6

電源入れてシャッター押すだけですけど、何が難しいのでしょうか
おまけとして、夜間とれたり文章撮影したり動画撮影できたりと
目的別に分かれています、誰もが利用している機能では無いので、
使う人の利便性が広がっています。

<動画撮影機能は無意識で動画撮影してしまうので不要。
盗撮している人は他人いても、自分写していると勝手な事いう
人が近年急増しています、普通の人は動画撮影は無意識には
しません。

投稿日時 - 2018-10-06 08:38:08

お礼

お答えありがとうございます。

スマートフォンに買い替え無い人達がいますね。
パソコンなど怖くて使えいない人もいます。
フィルムカメラや写ルンですを使い続ける人達には簡単には見えないようです。
>普通の人は動画撮影は無意識にはしません。
気付かずボタンを押し動画撮影してしまう人はいますよ。

投稿日時 - 2018-10-06 15:14:32

ANo.5

何も知らない人が、撮った画像を、テレビで見たり、写真屋さんで現像したりするでしょうか、きっと誰かが、補助しないと、見れない、使えないと思います。
だから売れない。
売れないから作らない。

投稿日時 - 2018-10-06 08:30:09

お礼

お答えありがとうございます。

投稿日時 - 2018-10-06 15:17:36

ANo.4

答えは簡単です。
「写真は映ればいいよね~」
「機能なんかなくていいよね~」
とか言えば
使い捨てカメラとか、
画素数が低くような
デジタルカメラがあるからですよ。

高機能で使い捨てカメラな
ボタンだと機能を殺すから
技術者や職人さんは
まず、作りたくないと思います。

いや、別にね、メーカーへ
「高機能でもボタンを極端に
減らしてほしい」と言えば?
まあ、少なくなっても
押し込み式のボタン操作で
複雑になるかもしれませんが。

投稿日時 - 2018-10-06 07:07:12

お礼

文章が悪かったのかご理解いただけなかったようですね。
使い捨てデジカメを作って欲しいわけで無く。
最低限のボタン操作だけのデジカメを何故作らないか疑問なのです。

投稿日時 - 2018-10-06 07:19:23

ANo.3

一般的なデジカメは、基本的な性能的にはどのメーカーもほぼ横並びかなと思います。あとは「こんな機能」がありますとか、「あんなことが出来ます」などの機能面で差をつけるぐらいです。そうなると色々なボタンや設定画面等々増えてくるのは仕方がありません。

撮影シーンの自動選択機能が付いていれば、いちいち選択しなくてもカメラが勝手に行ってくれます(この機能が無いものもある)。撮影設定でオートモードがあれば(大方のカメラで可能)適切な設定(露出やシャッター速度等)は勝手にやってくれます。なので全てお任せにすればシャッターを押すだけです。

ただ、それでもユーザーは多機能を好みます。メーカーも他社に負けないために多機能で出してきます。全ての機能を使う人がどれだけいるか解りませんが…。

そこそこの写真が撮れてあまり難しい機能はいらないなら、そういった機種も探せばあるはずです。あとは1世代・2世代前ぐらいの中古を買えば最新のものより機能は抑えられるかも。新品よりは安いですが故障時にほとんど修理ができないというデメリットもあります。

昔のアナログカメラ(フィルム)に比べtれば、今のデジカメなんて簡単に綺麗な写真が撮れます。失敗作は削除すればいいですし…フィルムは現像するまでわかりません…でも味わいはありますが。

投稿日時 - 2018-10-06 05:17:03

お礼

お答えありがとうございます。

機械が苦手な人をご存じないようですね。

投稿日時 - 2018-10-06 15:23:42

ANo.2

まぁ、日本人がそう言うのが好きだからですね。

多くの人が、ものを買うときに、何を見て買っているかを見ればわかります。

多くの人が見るのは、スペックシートですよね。
それをくらべて、こっちはあれができるけどこっちはついてない。あっちがこの性能が良いけど、こっちはその性能が弱い。

そんなことばかり比べて、こわれるまでに一度も使わないような機能を一生懸命に比べて買っているわけです。
そうである以上、めーかーも色々無駄だと知りながらつけないと、売れませんから仕方なくつけるわけなんです。

なので、日本のデジカメメーカーだって、オートモードというのがあり、結構その選択はわかりやすいところについていて、

「電源入れて、オートモードを確認してシャッターを押すだけ。」
ですみものがほとんどになってます。

まぁ、こだわる人が細かい設定にこだわれば良いというようにはしているんですけどね。

なので、いちいち考えなくても、
「電源入れて、オートモードを確認してシャッターを押すだけ。」
ですみますよ。
オートモードの確認が嫌なら、接着剤で、モードセレクタを固定しちゃえば良いだけですしね。

投稿日時 - 2018-10-06 03:48:58

ANo.1

海外ブランドのカメラならそういう物は結構ありますが、日本国内ではスマホのカメラ機能の影響で普通のコンデジですら売れなくなっています。一眼や高級カメラに絞って生産する傾向にあるくらいですから、今後も作られることは無いでしょう。かつては家電メーカーを始めとして多くの会社がデジカメ市場に参入していましたが、デジカメ創世記を飾ったカシオ計算機など多くが既に撤退しています。

投稿日時 - 2018-10-06 03:21:41

お礼

>海外ブランドのカメラならそういう物は結構ありますが
価格.comで探しましたが有りませんでした。ご存じなら教えて下さい。
>一眼や高級カメラに絞って生産する傾向にある
そうですね、カメラ店の親父は一般的向けコンパクトデジカメはNikonとCANNONしか作っていないと言っていました。
TIARAを作った富士フイルムは高級カメラにシフトしましたが
TIARAもコンタックスTやニコン35Tiなど高級コンパクトカメラが流行った頃、富士フイルムがご婦人向けに発売したど高級コンパクトカメラです。

TIARA(ティアラ)の一般的意味はお姫様が頭に付ける飾りで、
ご婦人向けの高級コンパクトカメラでした。

投稿日時 - 2018-10-06 08:14:10