こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

海上自衛隊のセキュリティーは大丈夫?

呉では、毎週、なにがしかの護衛艦が一般公開されており見学ができます。
私も、ひゅうが型護衛艦「いせ」の見学に行きました。
数百人が見学にきており、受付でノートに人数を記入したくらいで、身分証明の確認や所持品検査などはありませんでした。
もし、テロリストや工作員が集団で「見学」にやってきても大丈夫なのでしょうか。

投稿日時 - 2018-07-17 21:32:19

QNo.9519236

暇なときに回答ください

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

海自隊員と乱闘をやって自爆して散る覚悟はテロリストにはありません
証拠に過去に一度も起きていません
護衛艦の中どころか基地の外でもです
制服を着た人が工作員に襲撃される事件は日本で過去に一度も起きたことがありません

投稿日時 - 2018-07-19 13:49:57

お礼

有難うございます。

世界情勢は変わっています。日本の労働人口不足は、移民政策を推進せざるを得ません。
過去に起きたことがない(実際にはありますが)からといって、これからも起きないのでしょうか。

投稿日時 - 2018-07-20 21:32:52

ANo.4

公開できるところだけを公開しているだけですから 問題はないでしょう。
重大な機密とは 例えば潜水艦のスクリューの静穏性とか それを製造する技術などです。
護衛艦の公開部分から入手できるデータではありません。

投稿日時 - 2018-07-18 14:51:49

お礼

ありがとうございます。
爆発物を持ち込まれたり、危険物質をバラまかれて汚染される恐れはないでしょうか。

投稿日時 - 2018-07-18 15:23:43

ANo.3

「実際に何も起きていないからヌルい」というのはあると思います。今のところ国内外のテロリストグループで自衛隊をターゲットと明言しているところはありません。過激派もオウムも警察のほうに恨みがありますからね。自衛隊が過激派やオウムの鎮圧のために動員されたことがないですからね。

でもそのおかげで我々が割と自由に見学ができるという面もあるわけです。昔はアメリカ軍のほうがヌルかったですが、9.11以降厳しくなりましたね。
護衛艦を動かすのにも結構な人数が必要ですから、やれるもんならやってみろ的な面もあるんじゃないかしら。ちなみに私の知り合いの中の人は、海外派遣されたときに同じ軍港に入港していたロシアの軍艦に見学に行ったそうです。そのときの写真を見せてもらいましたよ。対艦ミサイルの前で記念写真撮っていました・笑。

投稿日時 - 2018-07-18 13:32:29

補足

訂正です。
誤>いずも就航
正>いずも就役

投稿日時 - 2018-07-18 20:47:40

お礼

ありがとうございます。
当日は人数が多かったせいで、いつもなら見学できるいろんな部屋を見ることが出来ませんでしたが、格納庫から航空機用のエレベーターに乗って飛行甲板に出ることができました。当時はいずも就航前で、最大のヘリ空母でした。甲板は広かったですね。
私はCIWSの前で記念撮影しました。
囲いもしてなく、自由に触れる距離でした。

投稿日時 - 2018-07-18 20:37:03

ANo.2

質問者さんの思惑通り、もし、テロリストや工作員がやってきたら大丈夫な訳ないです。
艦内には民間人の方々が沢山いますので正直に言えば、対処出来ません。
なぜなら、民間人の方々と交えての訓練など何一つやってませんので!
自衛隊の訓練は全て、民間人などが存在しない想定で実施しております。
残念ながら、自衛隊のイベントで自衛隊員は万が一の場合に備えての危機的な意識は薄いです。
強いて言えば、形式的にやっている警備を担当する隊員ぐらいですね。

投稿日時 - 2018-07-17 22:42:31

お礼

ありがとうございます。
悪意をもってすれば、護衛艦を使用不能にする方法はいくらでもありそうです。
からすこじまにも行ったことがありますが、石を投げれば当たりそうな至近距離で潜水艦が停泊しているんですね。これも怖いです。

投稿日時 - 2018-07-17 23:10:21

ANo.1

>テロリストや工作員が集団で「見学」にやってきても大丈夫なのでしょうか。

大丈夫らしいです。
青森大湊勤務の知人から聞いたので、断言はしません。^^;
艦内公開は、次の2点が重要なんです。
1.艦内を公開する事で、自衛隊に関心を持ってもらう事。
1.艦内を公開する事で、自衛隊員の意識改革を行う事。
1.艦内公開時に「テロが発生しても、対応できる訓練」を兼ねている事。
つまり、職務中の乗組員は「常時、艦内に来た方々を監視」しています。
艦内にアジア系の反日活動家が侵入する事も、監視業務の一環なんですね。
一般公開は、機密箇所・装置は公開しません。
通常の警備艇と同じ水準箇所しか、見せません。
安保反対・自衛隊反対の政党や在日外国人が多いので、テロの侵入は予定内!

投稿日時 - 2018-07-17 21:52:48

お礼

有難うございます。
館内で、毒ガスや放射性物質を撒かれたりしても対応できるのかなと心配になります。

投稿日時 - 2018-07-17 22:10:54