こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

下痢の予防ができる薬

タイトル通りなのですが…
何かいいお薬はないでしょうか?
私は普段からお腹の調子を整えるように気を遣っているのですが、それでもたまに予期せぬ下痢に襲われる時があります。
巷に出てる下痢止めは全て、腹痛の症状が出てから服用してくださいと注意書きがあります。
そういうのではなく、例えば、今は痛くないけど出掛けるから飲んでおこうとか、会議が入ってるからお腹痛くならないように飲んでおこうとか、そういった予防的に飲めるお薬はありませんか?
私は括約筋が弱いため、下痢がきそう!と気付いてから急いで下痢止めを飲んでも間に合わないんです。
下痢止め薬は色々ありますが、腹痛がきてから飲むものは効きませんでした。

下痢の予防などで調べても、普段の生活や食べ方、飲み方など、既に実践しているものばかりです。
そういうのではなく、ここぞという時に予防的に飲めるお薬はないでしょうか?

投稿日時 - 2018-07-14 23:37:58

QNo.9518280

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

>例えば、今は痛くないけど出掛けるから飲んでおこうとか、
>会議が入ってるからお腹痛くならないように飲んでおこうとか、
>そういった予防的に飲めるお薬はありませんか?

この様な場合、正露丸を予防的に飲めば良い…を試して確認しました。
飲んだという安心感もあると思いますが、効果は上々で便秘などの副作用もないですよ。
勿論、本来の事後服用薬(軟便、下痢、腹痛)としてもとても良く効きます。

投稿日時 - 2018-07-15 15:34:52

お礼

このような回答を待ってました。
正露丸、試されたんですね。
いざという時のために、家だけではなく糖衣錠も携帯しようと思います。
回答ありがとうございました(^^)

投稿日時 - 2018-07-15 20:30:55

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.5

No2補足、拝見しました。

「急な」下痢の原因を探る必要があるかもしれません。
その上での対症療法になるかと思います。

食事
…繊維質の多い葉物野菜を主菜と同量程度を必ず摂取。

胃腸薬、整腸剤
…軟便を抑えるタイプと便秘を抑えるタイプの使い分け。

止瀉薬
…スケジュールに合わせた早めの一時的服用。

予定の数日前から
…軟便に効果のある整腸剤で便通を整えておく。

食事の量も便通に影響します。
…予定の前日は控えめにすると、多少の違いはあります。

当日だけ
…予定の数時間前に止瀉薬服用で便通を抑える。

予定が済んだら
…便秘に効果のある胃腸薬で便通を促す。

次に私の場合は…、
数日から1週間程度の便秘が続いた後に、通常の排便から日に数度の排便を経て軟便に至ります。
こんな事を繰り返す体質も、仕事が忙しい時には困りものです。

・普段は乳酸菌飲料を起床時に必ず飲みます。
・便秘気味の時には「キャベツ系主成分の胃腸薬」で便通を促します。
・軟便時には「和漢系の整腸剤」を服用します。
・下痢が収まらない時だけ、「止瀉薬」を用います。

以上、頭に浮かんだ事と私の事例を羅列してみました。
…参考にできる事があれば幸いです。

投稿日時 - 2018-07-15 19:37:16

お礼

下痢は困りますよね。
回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2018-07-15 20:27:51

ANo.3

それは昔からある「正露丸」が有効です。
大幸薬品の主力商品でしたが 現在は裁判で一般名称ということになって 類似品がたくさん出ています。
ラッパのマークの正露丸です。

投稿日時 - 2018-07-15 15:34:18

お礼

正露丸、やっぱりそうなんですね~(^^)
今たまたま家にないのですが、もう切らさないようにしたいと思います。
回答ありがとうございました!

投稿日時 - 2018-07-15 20:26:08

ANo.2

便秘になっても構わないなら下痢止めは効果があると思いますが、そういう使い方が体に良いとは思えません。

「括約筋が弱い」…
確認しますが、本当に「括約筋が弱い」という診断でも出てているのですか?
これ、判断材料として重要な事なんですが…。
なんだか質問全体が自己判断のように感じるのですが…?

「下痢の予防で調べた」
…ということは、整腸剤や乳酸菌も既に試したという事ですか?
既に実践してると言うなら、他に答えようは無いとしか言えないのですが…。

投稿日時 - 2018-07-15 04:36:09

お礼

はい、出産のときに胎児仮死で緊急吸引分娩になり、切開して出産してからのことなので、立ち会った医師と、その医師が紹介してくれた別の医師、またその医師が紹介してくれた肛門科の医師の診断です。
括約筋が弱いというか…ここまで説明するとは思わなかったので濁しましたが、はっきり言ってしまえば吸引器具を入れるために切開した時に、内肛門括約筋を損傷したのです。
自己判断ではありません。
整腸剤、乳酸菌の類いは試し済みです。
今は乳酸菌のみ服用してます。

やはりそういう薬はないようですね。

投稿日時 - 2018-07-15 12:32:54

ANo.1

お腹が弱いと言うより過敏性腸症候群ではないでしょうか?
特別な病気ではなく例えば牛乳を飲んでいて期限切れに気づいた途端下痢腹痛が襲ってくる様に、ストレスを感じると腸蠕動が亢進しすぎて下痢になります。
過敏腸症候群の下痢は運動亢進性下痢です。治療は腸の動きを
抑制することが重要です。普段からの予防的なものと、下痢を止める治療になります。急に起こりそうになった時に止める薬はほとんどが非常に危険なお薬です。
その中で処方薬として予防的にも効果的にも有名なのはイリボーです。原則男性のみです。
コロネル、ポリフルも予防効果が期待できますがイリボーほどではありません。
いずれも医師の処方箋が必要です。
市販薬はその性格上、応急処置用の物ばかりで、下痢が起こってから飲むものばかりです。

投稿日時 - 2018-07-15 02:11:41

お礼

過敏性~ではありません。
プレッシャーに弱いということもなく、お腹は壊しにくい方なのですが、年に数回ほど下痢します。
それがいつ来るか分からないからこわいのです。

危険な薬はいやなので、やっぱり普通に飲める予防薬ってないんですね。

投稿日時 - 2018-07-15 12:41:09