こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

回答受付中の質問

上告状兼上告受理申立書の訴訟物の価額について

医療過誤訴訟で上告状兼上告受理申立書を書きました。
因果関係があるにも拘わらず、因果関係を1審も2審も認めませんでした。十分な医学的知見、証拠を提出しているにも拘わらずが裁判官は無視しました。判決には理由がありません。医学的知見に反した、医療水準論にも反する判決です。相手は全国的組織です。医師法21条違反を訴えたにも拘わらず、判決には書かれておらず、判断の遺脱がありました。21条により警察に24時間以内に届け出なければならないのに、それを訴えたにも拘わらず、裁判官は判決に何も書きませんでした。そこで最高裁に提出する訴訟物の価額は因果関係の訴訟費用だけを提出し、因果関係の請求プラス僅かな訴額だけという事は可能でしょうか?理由は3審性にも拘わらず、因果関係を認めず、損害賠償の審理は全然されていないから、高い訴訟費用を払うというのは合点がいかないからです。1、2審で損害賠償を審理していないのに、最高裁は因果関係を認めたなら差戻しだろうと思うのですが、弁護士の先生のご意見をお聞きしたいです。また上告が受理されたなら、最高裁で裁判がなされるなら、訴額そこで訴額の拡張もしたいと思いますが、可能でしょうか?はっきり言って不正を感じる裁判です。証明は難しいですが、個人訴訟でありいい加減にあしらわれました。専門家のアドバイスをお願いします。急ぎです。

投稿日時 - 2018-02-10 22:25:49

QNo.9427763

すぐに回答ほしいです

回答(0)

この質問にはまだ回答がついていません。
あなたが最初に回答してみませんか?