こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

節分の太巻きは2月3日に食べるべきなのか?

節分の太巻きは2月3日に食べるべきなのか?を教えてください。
何故かというとスーパーにはすでに太巻きが並んでいるからです。
本来は節分の太巻きは2月3日に食べるべきなのでは!?
よろしくお願いします。

投稿日時 - 2018-02-01 16:13:51

QNo.9424532

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.5

大阪の方でそういう風習があるというのを聞いたセブンイレブンが
商業的に始めたものが広まったものです。
ただ、その大阪でもその当時、ほとんど知られていないもので
起源説もいくつかあるが太巻きを食べていたという明確な文献はなく
その起源説で古いものは大正時代、新しいものは戦後で、江戸時代から続く歴史のあるような物ではないようです。

なので、節分の日に必ず食べなければならないというものでもなく
最近は商業的な戦略で節分前のお試し販売なんてのもあります。
だから別に節分前でも食べて構いません。
まあ、縁起を担いで2月3日に食べようっていうお祭り(イベント)みたいなものですね。
クリスマスでもクリスマス前からケーキとか色々売っているのと同じです。

投稿日時 - 2018-02-01 22:02:03

ANo.4

何の決まり事も有りません。
諸説有るようですが、実際には史実も記録も言い伝えも何も有りません。

太巻きと節分の間には何の関係も有りません。
ですから2月3日の根拠も有りません。

諸説有る中の一説を紹介しておきます。

太巻きは(丸い、長いという事から)縁起担ぎに使われる食べ物です。

その昔、節分の時期に客の付かない芸者が(遊女との説も)暇潰しで太巻きを丸ごと切らずに無言でかぶりついているのを見た者が聞いたところ、
「神様が居る方を向いて食べれば何か良い事がないかと、願い事をしながら食べている」と答えたのが謂われの始まりとされてます。

スーパーに太巻きが並ぶのは、某コンビニチェーンが上記の一説にこじつけで、
神様が居る吉方を勝手に「恵方」と呼び太巻きならぬ中巻きを「恵方巻」と名付けて売り出し、宣伝を始めたのがきっかけです。

太巻きはいつ食べても構いません。
節分に何を食べても構いません。
2月3日も同じです。

恵方ではなく、神様が居る吉方なら確かに毎年変わってますが。
…それだけの事です。

投稿日時 - 2018-02-01 21:28:07

ANo.3

as9

ぶっちゃけ大晦日に食べたらって思っちゃう

投稿日時 - 2018-02-01 19:52:17

ANo.2

>節分の太巻きは2月3日に食べるべきなのか?を教えてください
うまく仕掛けた商法です。意味を持った起源は無いようです。
節分にちなんで、お寿司屋さんや、大手スーパーなどが考えた
売り込み商法です。

「恵方巻き」
2018年の恵方は、「南南東やや南」
この方角に歳徳神(としとくじん)様がおられるようです。
この方角に向いて太巻きを食べる。
意味が良く解りません?
食べた人は、何か良いことが起こりましたか?

バレンタインデー、ホワイトデーも同じですね。
日本人は、うまく商人に乗せられています。

投稿日時 - 2018-02-01 16:48:34

ANo.1

「恵方巻き」の事ですか?節分に恵方を向いて無言で食べると縁起が良いとされています。
「恵方巻き」となったのは1989年にセブンイレブンが仕掛けた事により全国に広がったと言われています。「恵方巻き」という文献は見つかっておらず、セブンイレブンが「幸福巻寿司」を勝手に「恵方巻き」と名づけたとも言われています。縁起ですから食べたら幸せになれるとか、幸福が来るとかは全く次元が違います。

投稿日時 - 2018-02-01 16:23:07