こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

回答受付中の質問

VPNって日本に住んでいてもヨーロッパからアクセス

しているのと同じになるってことですか?(ヨーロッパというか世界中)

もしVPN経由で犯罪行為があった場合特定できるのですか?

投稿日時 - 2018-01-08 08:08:02

QNo.9416162

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.4

VPNの使い方には、大きく分けて2種類あります。

【拠点間VPN】
例えばとある会社で、東京本社と、北海道支社があったとします。
VPNなしにこの2社間でデータをやり取りするには、ファイルを一つ一つ、メールで添付するとか、一度クラウドサービスにアップロードするなど、手間がかかってしまいます。
しかし、拠点間VPNで本社と支社をネットワーク接続すれば、直接先方のパソコンや他方の会社に置いてあるファイル共有サーバにアクセスし、自由にファイル参照・コピー等することができるようになります。

【リモートアクセスVPN】
ある営業マンがパソコンを持って営業に出たとします。
しかしパソコンがインターネット接続できたとしても、お客様に見せる資料は、あらかじめパソコンにコピーしておかなくてはなりません。(通常、社内システムはインターネット公開していないため)
別の資料が欲しいとなったら、会社にいる人に連絡してメールで送ってもらうか、これもまたクラウドサービスなど経由してファイルを受け取るなんてことになるでしょう。
しかしここで、(インターネット接続したことに加えて)東京本社に「リモートアクセスVPN」を使って接続すると、まるで本社の中にいるように、ファイルサーバにアクセスして資料を取ってきたり、あるいは会社のシステムを利用して最新データを提示する、なんてことができるようになります。
IPアドレスも、一時的に社内IPが割り当てられます。

----

そしてご質問にある「VPN」は、後者のリモートアクセスVPNを使った時のことを指していると思われます。

しかしリモートアクセスVPNでは、接続する先、すなわち上記の例で言う「本社」がどこかに必要になります。

ここで、ヨーロッパにVPN接続サーバを置いている会社と契約し、そこにリモートアクセスVPNで接続してから、インターネットにアクセスすると、あなたはヨーロッパのIPアドレスから、インターネットにアクセスできる、すなわち、あたかもあなたがヨーロッパにいるかのように見えることになります。

逆のパターンもあります。
例えば日本のオンラインゲームでは、外国のIPアドレスからのアクセスを拒否している場合があります。
そこで日本のリモートアクセスVPNサービスを契約しておき、海外からアクセスする場合にはまずVPN接続(リモートアクセスVPN)してからそのオンラインゲームへアクセスすれば、日本IPからのアクセスになりますから、拒否されることなくオンラインゲームを遊べます。

さらにもう一例、中国では中国国内のIPアドレスから、インターネット上のサービス、例えば検索(Google等)やSNS(Facebook, Twitter等)と言ったインターネットサービスへのアクセスを遮断しています。
しかしこれも、一旦日本へリモートVPN接続して日本IPに抜け出てくれば、中国出張があった時にも不自由なくGoogle等のインターネットサービスが使える、というような使い方もできます。

----

リモートアクセスVPNサービスを利用することにより、別の場所からのIPアドレスでアクセスできるようになるわけですが。
VPNサービスを提供している会社では、誰がいつVPN接続していて、どんなIPアドレスを割り当てていたか、記録しています。(リモートアクセスIDごとのアクセス記録)
そして警察等からの正当な照会があった時には、当然開示するでしょう。

リモートアクセスVPNを利用しても、IPの匿名化などはできません。
別のIPアドレスが使える(割り当たる)だけです。
なので、たとえVPNサービスを利用して悪さをしても、誰が使っていたかは追って調べればわかることとなります。

まあ外国の会社だと、対応が遅いとか、簡単には情報開示に応じないなどあったりするかもしれません。
そういう点で、多少追いにくくなるというところでしょうか。

投稿日時 - 2018-01-09 10:08:25

ANo.3

VPMの認識が間違っていそうですが、詳しくは検索すればわかるのでそうしてもらうとして、通信が成立していると言うことは、経路が途切れることなく繋がっていると言うことになるので、逆を辿ればわかります。

投稿日時 - 2018-01-08 10:01:56

ANo.2

ネットは国別に視聴制限がかかっているので無国籍状態あるいは外国居住者状態に持っていくと制限が外れます。そういう意味で使っています。中国ではGoogle, Facebookは使えませんがVPNを使って国外にセットすると使えます。

VPNとはいえ購入して使用している限り誰の口座から出ているか連絡先などは知られています。使用した場所も特定できます。犯罪の場合は即座にばれます。

私は日本の動画が国外で見られないことがある為VPNを使って解除して視聴することがあります。犯罪とは思っていません。

投稿日時 - 2018-01-08 09:47:32

ANo.1

VPNって、バーチャル・プライベート・ネットワークの頭文字だと思う。
VPNに入る場合、ユーザー名とパスワードが必要。

例えて言うなら、玄関の鍵を開けて入って、書斎に鍵がある、って構造だと理解してる。この書斎がVPNだと理解している。

変わって、PROXY(プロキシ)=代理サーバーがあって、例えて言うなら隣の家があって、そこから入るのだが、勝手口が繋がっていて隣の家に入る構造だと理解している。
この構造だと、「アンダーソン」という家に出入りしてるが、実際は裏から「佐藤」という家に出入りしている。

通称「櫛」といってる。

VPNでは「日本に住んでいてヨーロッパからアクセス」という意味では使ってない。

「日本に住んで居るが、ヨーロッパのプロクシを使ってアクセス」という表現を使う。

投稿日時 - 2018-01-08 08:37:18