こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

中古車販売のファイナンス会社決定について

中古車販売のカーディーラーは、客の割賦販売に対応するとき、どのようにファイナンス会社を決定するのでしょうか?
バックマージン?これまでの関係性?客の指定?与信確認のスピード等の利便性?等、色々と要素はあると思うのですが、実態を教えてください。

投稿日時 - 2017-08-04 15:03:44

QNo.9359262

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

>中古車販売のカーディーラーは、客の割賦販売に対応するとき、どのようにファイナンス会社を決定するのでしょうか?

当然、既に提携しているローン会社です。
それも、「手数料収入が多い方のローン会社」です。

>バックマージン?これまでの関係性?客の指定?与信確認のスピード等の利便性?等、色々と要素はあると思うのです

その通りですね。
中古車販売業者の「経営状況・主要取引金融機関との関係」によって、異なります。
経営が安定している場合は、バックマージンが多いローン会社。
※手数料収入が、期待できる。
経営の規模を大きくしたい場合は、主要取引金融機関系のローン会社。
※金融機関との信用関係が、構築できる。
経営が不安定な場合は、審査・入金までがスピーディーに進むローン会社。
※キャッシュフロー改善が、期待できる。
色々と、経営者は考えています。

投稿日時 - 2017-08-05 07:36:37

ANo.1

ディーラーは、もともと、新車を販売する組織で、中古車を販売しているのは、あくまでサブの業務です。

ディーラーローンは、メーカーの指示もありますので、メーカー系のローン会社を使用するのが基本になります。

中古車販売店は、複数のローン会社と契約している所もありますが、まず第一は、その店と契約してくれるローン会社です。
ローン会社が中古車販売店と契約する時は、お店が審査されます。
それに通らないと、そもそもの割賦販売契約の取り次ぎをする事が出来ません。

次に、年間取扱金額の問題が在ります。
取り扱った時、手数料を受け取れますが(客に書類を書かせたり、ローン会社とのやりとりをを中継する訳ですから、タダでは出来ませんからね。)その場合、金額が多くなると手数料パーセントが上がるなどの契約がされて居る事が多いです。

なので、いくつものローン会社と契約して1社当たりの金額が少ないと手数料のパーセンテージが少なくなることもある訳です。

さらに、ローンの通りやすさもあります。
ローンが厳しいローン会社と契約して居たら、客が買おうとしてもローンが通らないので、売れなかった。なども起こります。

それらを考えて選択している様です。

投稿日時 - 2017-08-04 16:13:52

お礼

大変参考になりました。ありがとうございます。

投稿日時 - 2017-08-04 17:59:43