こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

自己資本が多いことを問題にする経営分析はあるの?

経営分析の指標には、負債比率やら有形固定資産回転率やら
たくさんあるけれど、自己資本の多さを問題にする指標って
あるのかな? と思いました。お目にかかったことがないので。

たとえば、もっと投資しろ! 無借金経営で、この程度?
経営手腕、低いんじゃないの? なんて解釈になる指標って
あるんでしょうかね。

経営指標はないけど、そういう経営分析はあるかもねー、とか
この方面に詳しい方、おねがいします。

投稿日時 - 2017-04-25 06:35:18

QNo.9321504

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

経営分析で自己資本が多いことを問題にするなんてあり得ません。

資本というのは、何の批評も肯定否定もなく存在しているものです。
経営の資源のひとつであって、経営自体とは関係しません。

もちろん、株主会での力関係を調整するために増資することはあり、それは重要な政治的なことですが、経営とは無関係です。

もッと投資をしろなんていうのは、資本金があって動き始めた業務上の話ですからその手法や考え方に関し経営分析の指導が入ることはあり得ますが、自己資本もないのにこれだけのリスクベンチャーをするのか、という方向の話になります。

体力的には投資の限度はここまでだ、みたいな計算はあり得ます。
ただ、それは自己資本だけで考えるのではなく、固定資産流動資産も左目でみながら考えるわけです。

資本は、経営上定数ですから、それをごたごたいう根拠はどこにもありません。

まあ、銀行とかそういうところが融資を考えるときに、自己資本率を見て、経営が健全かどうか判断するファクターには使いますが、それでも、自己資本率が少ないからまずい、はあっても、多すぎるから困る、はあり得ません。
もちろん、大量の自己資本が余っているのに融資依頼なんてきたらお断りするということもありますが、これにしても、自己資本率がよくないなんぞという言い分ではありません。

投稿日時 - 2017-04-25 08:30:29

お礼

要は経営方法であって、原資があるのだから結果をだせ、で、原資そのものは問題にせず、なぜこんな結果なのか、結果にいたる過程はどうなんだということにメスが入るというわけでしょうか? その切り口のひとつとして、経営指標があると?

投稿日時 - 2017-04-26 01:27:44

ANo.2

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

Q、自己資本が多いことを問題にする経営分析はあるの?
A、ありましたね。

>自己資本比率98%って優秀過ぎますね。
>問題は、その実現プロセスにあります。
>第一の問題点は、品質向上への投資が皆無に等しいこと。
>第二の問題点は、従業員の厚生福利への還流が皆無に等しいこと。

某経営コンサルタントは、(弊社に対して)かかる分析に基づいて品質改善と福利厚生の是正を提案。これに対して経営陣は、

>アホ言え、客なんて品質のヒの字も判っちゃねー。
>従業員なんてのは最低賃金でこき使ってなんぼじゃー。

と激怒。2つの提案を敵視してボツに。結果、顧客離れが加速し我が社の工場は閉鎖されて私は失職して現在に至っています。

自己資本比率98%も内容によりけりってことですね。

投稿日時 - 2017-04-25 10:20:54

お礼

おおお……。おいたわしや……。
自己資本比率って高ければいいってもんじゃなさそうですね。

投稿日時 - 2017-04-26 01:22:13

ANo.1

多いことが直接問題視されるというのは聞いたことないですが、資本の使い方の効率は、自己資本回転率や自己資本利益率(ROE)で評価されていると思います。

投稿日時 - 2017-04-25 07:44:33

お礼

回転率で効率性を分析するというのがありましたね。
それにしても経営指標って多すぎです……。

投稿日時 - 2017-04-26 01:23:34