こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

水彩絵の具と食用油について

竹でできた笛に、水彩絵の具で絵を描こうと思っているのですが、その上からオリーブオイルなどの食用油でコーティングすることは可能でしょうか。
絵の具が溶けてしまうなどの注意点をご存知の方がいらっしゃれば、教えていただきたいです。

投稿日時 - 2016-09-18 13:31:10

QNo.9230775

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

ANo.1

まず竹というのは油が多くて塗料が乗りにくいです。つまり何で塗るにしても剥げやすいのは覚悟しておかないとならないです。

でオリーブオイルというのは酸化重合で乾くことがほとんど無い油なんでいつまでもべたべたしたままです。ですから水彩絵の具の保護効果は全くありません。その上絵の具が流れてベタベタで触ると色がつくようになる可能性もあります。
水彩絵の具は小中学校で使う不透明水彩でしょうか?でしたら濡れるとまた溶けてしまいます。

乾く油は「乾性油」というもので、ペンキや油絵の具に使われています。だったら最初から油絵の具で描けばいいわけです。
または水性エマルジョンという乾くと水に溶けなくなる絵の具があります。「アクリルガッシュ」というのが不透明水彩絵の具のような一度乾くと水に溶けなくなる絵の具なんで、最初からこれで描くと好いんではないかなと思います。

↓こちらの塗料メーカーは竹の表面をサンディングしておいてから塗るように薦めていますが、それでも万全とは言いにくいです。
ですので、アクリルガッシュで描いて剥げたらまた描けばいい、という風に考えておいたほうが好いのではないでしょうか。
https://www.washin-paint.co.jp/sp/corp/guide/faq/public/etc

水で溶ける絵の具で描いていたら、上からいくら水に溶けないものをのっけてかぶせても下地である絵の具が水で溶けてしまうんで、濡らしたり湿った手で握っていたら剥がれてしまいます。

投稿日時 - 2016-09-18 19:32:01