こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

自営業の住宅ローン審査は難しいですか

住宅ローンを組んで中古マンションの購入を検討しています。
URLの方が私とほぼ似ており審査通過ならなかったようです。
http://www.mirukoko.com/9963.html

妻と子ひとりがおり、自営がもうすぐで満3年になります。
初年度がやや赤字で、去年と今季は黒字です。
頭金も300万用意していますが、このような属性では一般に難しいのでしょうか。
審査通過確率何%、という数字が聞きたいです。

また、フラット35は銀行の住宅ローン商品と比べてやや審査ハードルは下がるのでしょう

か。

経験者か詳しい方教えて下さい

投稿日時 - 2015-01-16 20:08:17

QNo.8893684

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

うちは起業して2年未満です。
調べると、普通は3年以上経たないと審査は通らないとあったのですが、イオン銀行は通りやすいと聞き審査を受けたら通りました。

投稿日時 - 2015-01-16 20:12:03

お礼

なるほど参考になります。ありがとうございました。

投稿日時 - 2015-01-24 21:36:13

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

10人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

最初の家の購入の時に、簡単に審査が通りましたよ。大丈夫です。

2回目は、現金で購入したので関係ありませんでした。

投稿日時 - 2015-01-17 06:17:33

ANo.2

審査は、融資できるのか・できないかのどちらかしかありません。審査通過確率を示すこと自体難しい事ですし、確率に意味はありません。審査時点で100%返済されると判断されなければ、否決だからです。

あと、フラット35は、そもそも住宅金融公庫が取り扱う商品設計です。従って、国の財源でやるものですから、審査ハードルは民間より厳しいと考えれた方が無難です。

以下は、以前同様のご質問に私が回答したものです。

ローン基準としては、当該債務者に関する「返資(能力)」「担保(物件でカバーできる担保力)」しか明示していません。その返資について、どこまで掘り下げるかは、審査を行う各金融機次第です。

中小零細企業にお勤めの方でも、当該企業の業歴があり、相応の従業員を抱え、利益を上げ納税義務も果たしているならば、年収そのものを返済資源として診れますが、設立間もない企業であれば、企業と経営者は一体として判断します。

初年度赤字や2期連続赤字は、あり得ることです。金融機関も当然理解しています。しかし、与信判断は厳しくなります。個人の所得を増やせば、法人の利益が減少するのは明らかで、一体で判断せざるを得ないのです。それも、会社の中身もよく診て総合的に判断するとしか言えないと思います。

即ち、当該企業のP/L面(売上や粗利水準、経費内訳、利益の水準等)のみならず、B/S面(資産・負債のバランス、現預金水準、売掛債権の中身等)を診て、企業としての相応の体力があるのか、また個人ローンを取り扱うだけの拠り所(良い意味で裏付けとなるもの)を探すのです。

設立間もないのですから、企業体力が無いのは分かっています。しかし、何か良い所(例えば、売上が毎期伸びている、売掛債権の中身が優良先が多いとか、自己資本(元手)を蓄えて起業しているとか、要は安定的に個人の所得が得られそうだと結び付けられる所)を見つけようとするのです。

添付URLの例では、初年度のみ黒字で以降赤字、金融機関にしたら不安に思うのは当然です。否決事由はそれだけではないでしょうが、取り上げにあたって、良い所が見い出せなかったのでしょう。

従って、本件のような場合、個人の評価と事業の評価は一体と診られてしまうということ。事業の評価も中身次第だということ。設立時の事業計画と見比べて、現在の事業実績はどうなのか、一年々確りと振り返り、確定申告書に示し、継続して積み重ねていくしかないと思います。

投稿日時 - 2015-01-17 05:24:14